閉じる
  1. 【仮想通貨 爆乳ニュース】イーサリアムが毎日貰える タイタントレードク…
  2. WORLD TRADER(ワールドトレーダー)は仮想通貨の究極の携帯ア…
  3. Future of Blockchain ​ブロックチェーンが魅せる未…
  4. マイイーサウォレットフィッシュング詐欺メールに注意!MyEtherWa…
  5. ミンドル(MINDOL)最新情報とノアコイン の次の上場先入手しました…
  6. ビットコイン年内5万ドルはビットコインETF認可にかかっている!?
  7. Quanta(クオンタ)QNTU 明日まで特別枠販売中!ライカ(Lyk…
  8. 月利10%のPLUS TOKEN(プラストークン)送金方法
  9. O2Oコイン!●●倍確定ICO開始!特典バラマキます!?
  10. 仮想通貨売買やICOで損した方必見!合法で20万円貰える軍資金調達マニ…
閉じる
閉じる
  1. 数々の投資を経験してきた私がJIFUを始めた理由をお話しします
  2. 超注目案件!FShares(エフシェアーズ)について解説します!
  3. BTCNEXT取引所でノアコインをスワップ(交換)方法を解説します!
  4. FShares club 登録方法!チャージ入金方法
  5. wallet系ではない新案件DEX案件
  6. JIFUのアフィリメンバー登録方法を解説します!無料登録方法
  7. プラストークンの出金が一時停止したのはセキュリティを考慮した結果
  8. Wo Token(ウォートークン)WoEX取引所開設方法!
  9. WO TOKENが瀑上げ!?アメリカのMSBライセンス承認!
  10. BB Sheldon 登録方法!高配当日利4% HYIP (ハイプ)
閉じる

仮想通貨姉妹の爆上げコイン情報

ICO禁止との噂!?10月から日本人はICOに参加できない!?

スポンサーリンク

10月から日本で仮想通貨のICOが禁止されるという情報が入りました。事実なのかは現在調査中です。

とりわけ、昨年末から現在まで行われたICOで多額の損失や含み損を抱えてしまった日本人が大多数です。

仮想通貨を販売していた方々は、「ICOで仮想通貨を購入することは、株でいう未公開株を購入するようなもの、上場したら何十倍、何百倍にもなる」という謳い文句で、あたかも上場直後に価格が跳ね上がるような印象を植えつけていました。

よく考えて見れば、ICOとは、「ベンチャー企業の資金調達」です。開発資金がないからICOを実施するわけですから、上場直後に運営が、マーケットメイクの為に価格を吊り上げたりするわけがないということを冷静になればわかることです。

現状、ICOに成功したベンチャー企業の多くは、資金調達だけして開発せず、資金を持ち逃げするケースが約半数を占めていたり、上場しても運営による売り逃げによって仮想通貨の価格の暴落を引き起こしました。

ICO出資者にとっては、目も当てられないような散々な結果となっています。

にも関わらず、日本ではICOを規制する法律はありません。そのような背景を受けて、投資家保護という観点から日本ではICOが禁止するかもしれないということですが、現状はまだどうなるか精査中なのかもしれません。

アメリカでは既に規制対象に

仮想通貨を用いた資金調達「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」が逆風にさらされている──。米証券取引委員会(SEC)は先日、元プロボクサーのフロイド・メイウェザー・ジュニアを宣伝に起用した仮想通貨「Centra」のICOが詐欺であると告発した。

大型ICOとして期待が高まっていたメッセージアプリ「テレグラム」のICOも、SECからの監査を懸念してキャンセルされたと報じられている。

サンフランシスコの投資企業「Scalar Capital」のLinda Xieは「現在、ICOを行おうとしているプロジェクトの大半は理にかなったものではない。必然性のあるプロジェクトもあるが、それらは少数派だ」と述べた。

(中略)

「我々は長い時間をかけて当局側や弁護士の意見を聞いてきた。その結果、規制が導入されるとしても、それがICO市場に壊滅的打撃をもたらすものにはならないと確信している」

SECはICOの規制に向けたガイダンスを、今年中には発表するとXieやSamaniらは考えている。

ICO特化型ファンドとして知られる「Pantera Capital」のJoey Krugは、ICOに対するアプローチを昨年から変えていないという。しかし、小規模なスタートアップが能力を上回る巨額な資金を調達することには反対だという。

「実際のところICOによる調達額は以前と比べると減少している。それは、ICOを行う企業がアマゾンのように数十万人規模の従業員を抱えているわけではないからだ。ICOは小規模で無駄のないスタートアップのための資金調達方法だ」

KrugはICOのスキームを用い、スタートアップが必要以上の冨を生み出す行為から距離を置こうとしている。「それは企業を当初の目標から逸脱させることにつながる」と彼は述べた。ICOによる巨額の資金調達は、企業らが出資者の思惑とは異なる用途に資金を用いることにもつながる。

スポンサーリンク

上の引用記事では、いつとは明言されていないものの、アメリカでは近いうちにICO(initial coin Offering)の規制がかかるとみて間違いないと思われます。

ICOとは?

改めてICOについて説明しておきたいと思います。

ICOとは「Initial Coin Offering(イニシャル コイン オファリング)」の略です。

株式でいう、IPO(新規公開株)に相当します。

企業がトークンと呼ばれる仮想通貨を独自で発行し、そのトークンを個人に購入してもらうことで資金を調達する仕組みです。

ICOでは市場に公開される前にプレセールが行われる仕組みになっています。

一部で騒がれているような「絶対に儲かる」というような一攫千金の手段ではありません。

ICO成功事例ADAコイン

2017年に多くの「億り人」を輩出した仮想通貨といえば、「ADAコイン」が挙げられるでしょう。ADAコインのマーケティングは、ノアコインをマーケティングした泉忠司氏が当初行なっていた為、「詐欺コイン」と言われ続けていました。

ADAコインは、2017年2月に取引所に上場という予定でしたが延期になり、当時は訴訟問題に発展するところまで騒がれたのが記憶に新しいところです。

しかし、ADAコインが詐欺コインと圧倒的に違っていたところは、開発者がEthereumの開発メンバーの「チャールズ・ホスキンソン氏」だったことです。

ADAコインの開発が遅れた為に、当初の予定より上場がかなり遅れましたが、上場後は、最高値でプレセール時の価格の600倍という値上がりを見せ、多くの億り人を輩出しました。

このADAコインの成功が、ICOが「必ず儲かる」という幻想を抱かせてしまった元凶だと私は考えています。

2018年は、ADAに続けとばかりにICOが連発されました。去年、どの通貨も価格を跳ね上げていることから期待値が膨らみ、ADAコインの成功がさらなる引き金となり、ICOに参加した人数が軒並み増えたのはいうまでもありません。

しかし、いざ上場してみると、どの通貨も価格が上がるどころか、大暴落を引き起こし、ICOに投資した出資者は大きな損失や含み損を抱えています。

ICOの最大の利点は、誰もが簡単に資金調達ができるという点ですが、この手軽さが詐欺まがいの案件や、上場後の価格の大暴落を招いています。

まとめ

ICOは、運営や一部の投資家のみの悪質なお金儲けの手段になっています。

ホワイトペーパーやロードマップは絵に描いた餅で、資金だけ集めて、開発せずに運営が逃げてしまうケースが非常に多くなっています。

情報発信者のいうことを真に受けて、「必ず儲かる」とか「〇〇倍確定コイン」という煽り文句に踊らされ、自分で調べることもせずに貴重なお金を溶かしてしまった方も多いと思います。

投資家保護の観点に立てば、ICOを規制して然るべきだと思います。

日本でICOが禁止されるかどうかは現在精査中だと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

20万円軍資金調達マニュアルと
便利な仮想通貨管理アプリプレゼント中!!

20万円貰える軍事金調達マニュアルプレゼント


一括管理や日本円換算一発アプリプレゼント

LINE@の
お友達募集してます!!

VIP仮想通貨Misuzuニュース

仮想通貨のAIトレード、FXと株のAIトレード、不動産投資、ICO情報などなど幅広く扱っています!

資産を守るためのおすすめ
ハードウォレット&セキュリティソフト!!

あなたの資産を守るために、ハードウォレット(レジャーナノS)で安全に管理してくださいね!リンクや画像からアクセスし、お得なクーポン「ledger1000」を記載くだされば、1000円割引します!

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

フリーWiFiにも実は危険が!ノートンならWiFiセキュリティーも万全!

シマンテックストア
紹介したいオススメ
仮想通貨取引所!

仮想通貨をはじめたいけど、まだ取引所を開催していない人は、まず取引所を開設してみましょう!

ザイフ(国内取引所)



ビットフライヤー(国内取引所)



バイナンス(海外取引所)



是非コチラで口座開設してガツガツ稼いで欲しいと思います。o(・x・)/

「仮想通貨をはじめるなら今がチャンス!」その理由とは?!

仮想通貨のリスク(LSK)のハードフォーク!?新コインの付与は?

関連記事

  1. WO TOKENが瀑上げ!?アメリカのMSBライセンス承認!

  2. プラストークンの出金が一時停止したのはセキュリティを考慮した結果…

  3. 10月にノアコイン見学フィリピンツアーに16人で行く計画

  4. ミンドル(MINDOL)トークンCoinsuperに上場! 3倍…

  5. 【ハッキング速報】仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)で67億円以…

  6. Telegram(テレグラム)インストール方法と使い方 仮想通貨…

おすすめ記事

  1. 【2019年神案件】Yippi(イッピー)について解説します!
  2. 月利10%のPLUS TOKEN(プラストークン)送金方法
  3. 10% monthly rate of PLUS TOKEN registration of virtual currency for free
  4. PLUS TOKEN(プラストークン)無料で出来る仮想通貨のアービトラージアプリインストール方法
  5. CoinExchange(コインエクスチェンジ)新規口座登録方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仮想通貨姉妹YouTube

クリプトmomo個人LINE

お問い合わせはこちら

仮想通貨姉妹 公式テレグラム

仮想通貨姉妹 公式Twitter

 

仮想通貨姉妹 公式メルマガ

メルマガ登録で、最新仮想通貨仕手情報と、もれなく資金調達マニュアルプレゼント!!

*メールアドレス
お名前(姓)


ページ上部へ戻る